So-net無料ブログ作成
検索選択

【訂正】平野さんが本当の人_青山さんに圧力をかけた内閣府副大臣は??末松義規??胸ぐらをつかむような人 [圧力・逮捕]

真相は平野達男現復興大臣でした(当時:内閣府副大臣)
しかし、下記の記事も残しておきます。
青山さんに圧力をかけたのは??
いろいろと出てくる情報を考えると
末松義規って人かな?
胸ぐらをつかみ、マナーを守れない人のようですね

そこで過去の末松義規って人に関する記事をピックアップ

第22回参院選(7月11日投開票)が24日、公示され、17日間の選挙戦がスタートした。
都内では、たちあがれ日本が演説ルールをめぐり、民主党と衝突するトラブルが発生。
たちあがれの与謝野馨共同代表(71)が民主党・末松義規衆院議員(53)に胸ぐらをつかまれるなど、激しい口論に発展した。 
4月の結党から初の参院選に挑むたちあがれ日本が、公示初日から与党・民主党と“場外乱闘”を繰り広げた。 
午前11時すぎ、新宿駅西口の小田急百貨店前でたちあがれが演説を開始。
だが開始数分後、与謝野氏の演説中に、約100メートルほどの距離にある京王百貨店前に民主党比例代表の白真勲(はく・しんくん)氏(51)の街宣車が止まり、鈴木寛文部科学副大臣(46)らが演説を始めた。 
与謝野氏は演説後、すぐさま白氏の街宣車に直行し「選挙カーが見える場所ではやらないのが普通。マナーを守れ」と猛抗議した。
すると、白氏の選対本部長を務める末松氏は「公道でやって何が悪い。
(聴衆の)動員をかけているのに、どけと言うのか」と応戦。
互いに顔を近づけながら口論したり、末松氏が与謝野氏の襟元をつかんで迫る場面もあり、約5分間にわたり激しいバトルを繰り広げた。
鈴木氏は一時は演説を中断させたが「みんなのスペースだから自由だ」と続行。
たちあがれ日本では抗議書の提出などを協議。
実施には至らなかったものの、関係者は「民主党の意図的なものを感じる」と話した。 
たちあがれ日本の応援団長、石原慎太郎・東京都知事(77)は「マナーも守れない民主党はていたらくだ」とマイクを手に激怒。



圧力をかけたのが末松副大臣だということは現時点で、
公式な情報ではないので、
個々人の判断にお任せします。
他の方かも知れませんのでwww

ここでは情報の提供にとどめさせていただきますよ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 【青山繁晴】さんを勝手に追いかけるあ~かいぶ。(β) All Rights Reserved.
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。