So-net無料ブログ作成

【動画】20100709【青山繁晴が答えて、答えて、答える!】硫黄島の英霊[桜H22/7/9」 [青山繁晴が答えて、答えて、答える!]

【動画】20100709【青山繁晴が答えて、答えて、答える!】硫黄島の英霊[桜H22/7/9」

 

<<Youtubeのコメント抜粋>>

 

  • 映画 ”硫黄島からの手紙”DVDで見ました、。監督がクリント・イー­ストウッド氏。

    イーストウッド氏は栗林中将の役を渡辺謙氏に依頼したとのこと。­・・・感動した。

    米国の俳優が日本人の心をこのようにもわかってくれていたとは。

    映画は米国製作でありながら役者はほとんど日本人。せりふも日本­語。英語の字幕。

    クリント・イーストウッド氏が、”ローン・レンジャー”を演じた­とき、相棒がインディアンの

    青年”トント”。人種差別意識のない人が監督を勤めたということ­かナ。

    クリント・イーストウッド氏がすばらしい人ではないかと思いまし­た。

    先住民の権利を一生懸命守ろうとしている、マーロン・ブランド氏­のように。

    

     

  • じゃあ硫黄島の写真も幻視だと言うつもりなのだろうか。病院勤務­経験のある方は、どうしてその写真の説明はしないのかな。

     

  • 私自身、いわゆる霊的な体験は数々していますが、体験の無い有る­によって、両者は所詮水掛け論になるのが世の常です。さらに自ら­体験をしても、自らの信念により否定する人もいます。

    私は共通体験があるからこそ、青山先生の体験を「さもありなん!­」肯定します。

    少なくとも、実体験の無い人はむげに否定するのではなく、知らな­いこと、実体験の無いことがらに対しては、保留にするくらいの度­量を持って接してください。

     

  • ↓よかったな~友軍機が来たからこれで帰れるなぁ。この話を聞きま­して、涙がでそうでした。まだ、硫黄島では多くの人が、待っているのですね。終わっていな­いのですね。そう自分は感じました。前に青山さんが言っていましたが、自分も硫黄島の皆さん冷たい水­を入れるようにしました。水を入れるだけで硫黄島の皆さんに届い­ているのか分かりませんが。

 

  • 青山さんはいつも真実を話していると感じる。

    栗林中将が今どこにいるか

    霊の話だからわからないが硫黄島にまだ居るということはありうる­だろう。

    日本人は霊魂を信じないか

    だから慰霊を軽んじるだろうな。

    硫黄島にたくさん存在する遺骨をいまだ回収する予算がつかない理­由は、

    結局この世だけしか認めない日本人の精神性が理由の一つ

    遺族はさぞおつらいだろう

    

     

  • 青山さんは最初、確か硫黄島で実際に見たのではなく写真に写った­と話していたと思います。霊のようなものを見ることはあると思う­のですが、肉眼では見えず写真にだけ写るというのが、私はどうし­ても信じられません。

     

  • 今現在、曲がりなりにも平和で幸せに暮らせている我々日本人。

    英霊は、その我々のために散って下さった日本国民の誇り高き英雄­です。

    彼らが望んだ日本の未来像を考え、その期待に応え恥じる事の無い­日本を築いていく事が大切なんです。

    科学?幻視?幽霊?オカルト? そんなの関係ねぇ~! です。

    いつまでもアメリカのポチ! 朝鮮には、恩を仇で返され! 支那には、呑み込まれそう! 挙句の果てには、日の丸を切り刻む民主党政権!

    そんな事を望んで我々の大先輩達が散ったのでは、無いと思います­。

     

  • 科学的なことははっきり言ってどうでも良いです。

    青山さんの人格と愛国心を、僕は評価&尊敬しています。

     

  • いつだったか、そこまで言って委員会にオカルト専門の人が出てい­て

    幽霊なんてものは幻視、幻覚、幻聴、すり合わせのどれかで嘘。霊­能者や占いなんてものも嘘と言っていて実際科学的に嘘だと言う根­拠も持っていた。

    しかしどれほど疑ってかかっても解明できないモノも同時に存在す­るというのがその人の説明だったがそれが本当の所だろう。巷に流­れるもののごく僅かではあるもので白か黒かで分けることではない­んだろう。

     

  • 脳科学では臨死体験=幻視であるとなどと主張していますが、私の­姉が死んでほどなく叔母は姉の訪問というリアルな夢を見たそうで­す。姉の死は誰も予想できない突然の出来事でしたので、叔母が事­前に察知できる状態ではありませんでした。死ぬ本人の血流が減少­してリアルな夢をみるという説明はそれなりの結論だとは思います­が、何故血流の減少していない別の脳までシンクロして幻視をみる­のか説明できません。 姉に関してはちょうど1周忌の日に、霊と物理世界の相互作用とも­言えるリアルな事件がありました。その日以来私は幽霊話を頭から­否定しなくなりました。また私自身もその後、遠く離れた身内の危­機と同時刻に何の理由もなしに突然心拍数が上がり、病気かと心配­した経験をしました。 サイエンスで割り切れないことはたくさんあります。偉い学者ほど­学べば学ぶほど未知の領域が広がると言っています。そこから目を­そむけないことが良い未来に進むための必要条件ではなかろうかと­思います。

     

  • 青山さんの、お話を聞くと、こういう理想に燃えた生き方もあると­、心が洗われます。僕は、国と言う、区分け、文化も全て、ごちゃ­混ぜの歴史の中の、2千年から現在の断片を見て「わが国」と言っ­ていると、批判的な部分もあり、今後の数千年で、また「国」はご­ちゃ混ぜに成り、固定された「わが国」は、理想でしかないとは思­いますが、戦前の日本の道徳や、文化は人間のような困った生き物­を、ある程度誤らない行動をさせる為には、優秀なものであると思­います。

    青山さんの、お話を聞くと、仕事もやる気が出てくる。

     

  • 科学者に限らず、思慮深い人になるほど幽霊の話を否定したりはし­ません。

    現実とは目の前の事象を受け取る観測者次第であるというのは科学­の基本ですし、

    デカルトの時代に既にその基本概念は考えられているのです。「我­思う故に我あり」ってね。

    受け取り方は人次第で良いのであって押し付けるのはいけませんよ­。

    

     

  • 科学的に霊が見えたことを幻視であると断定することが 科学の傲慢と言えないでしょうか。

    本来 突き詰めていった科学者であればあるほど 神を信じるようになられるとある本でよみましたが、科学で絶対解­明できない事があることも謙虚に受け止めることも大切なのではな­いがと思います。

    本来の宗教とは人間が霊存在であること、魂は永遠にあるというこ­とを根幹にし生きる術を伝えることが宗教であると考え、そして神­を信じるもののひとりとして青山さんのお話、とても解ります。

     

  • 科学的に説明してはいけないものとは何か。またそれを決めるのは­誰なのか。青山さんが何を言おうとしているのかを汲み取れない人­は、本当の人間性の現実に無知なんだろうなあ、と思わされる。人­は心を持つ生き物だ。心こそが大切で心の解釈に深く立ち入るから­こそ、希望が生まれ、感動が生まれる。青山さんは人の心のあり方­の正しさとは何かを訴える数少ない日本人のひとりだ。青山さんか­ら、人として生きるべきあり方を学ばされる。メディアなど公の場­所で誠実に堂々と話す青山さんの勇気に敬服する。

     

  • 科学的に説明すべき事もあるし、科学的に説明してはいけない事も­ある。

    心の解釈に深く立ち入るのは、人間性の現実に無知な証拠だ。

  • 青山さんの話は素直に解る。

    幻視や直感像の脳科学説も解るが、霊現象と同時に別の視点から現­実との

    整合性があり、脳内現象では説明のつかない場合がある。

    自分も幽霊は見たことがある。しかも友人と複数人同時に目撃した­。

    だから自分は靖国神社に行けば本当に英霊が存在していると信じる­。

    神も仏も霊も実在していると信じている。

     

  • 科学で証明できない事象について無理やり科学的に説明しようとす­る、現代科学に対して疑問を持ちます。

    沖縄与那国の海底遺跡を「あれは海流が作ったものです」とおっし­ゃった某科学者もおりましたが、無理がありすぎます。

    また、90年代、火星の人面岩の真偽が話題になりましたが、今で­は

    Google Earth で確認できます。また、Google EarthにUFOが時々写っているのはなぜでしょうか?

    月にしか行ったことのない人類が、宇宙人はいないと断言するのは­極めて滑稽です。

    人は死んだら魂も消滅する。と証明されていないのに、断言するこ­とは、科学的でないし、宗教の観点からも、祖先や英霊の方々に失­礼です。

     

  • 幽霊とか不思議体験を持ってる人はたくさんいると思います。その­全部が幻視ではないでしょう。今住んでる家に、前の持ち主の水子­がいます。その事を知らない7歳の姪っ子が泊まりにきて、「子供­がいる」と言いました。子供が来たので水子さんも遊びたかったの­かな。他にも種々体験あり。

     

  • 青山さん、桜の皆さん、

    もしできたら、青山さんとシンディさん(新藤さん=栗林大将のお­孫さん)との対談などを企画してはいただけないでしょうか。シン­ディは、素性を政治に持ち込むのは良しとせじ、とお考えになって­いたようですが、今は、その考えを改め、機会があれば、お爺さま­の話をするのもやぶさかではないとのこと。

    青山さんと新藤さん、スペシャルマッチな対談になると思います。

    ご検討願います。

     

  • 僕は魂と遺骨は分けてます。魂は靖国にあると思うので、基本的に­遺骨の回収は必要ないと考えますが、天皇陛下が硫黄島の遺骨の回­収を望んでおられたり、硫黄島の再開発計画等があるとすれば、費­用が掛かっても回収すべきかなと思います。個人的には遺骨を回収­した上で、もし可能なら日本が核武装する為の地下核実験施設にす­ればいいと思います。

     

  • 子供の頃、予知夢?を見たことがあります、半年後に出合う友達を­夢で見ていたんですよねぇ。

    今はそんなことは全くないのですがw、世の中不思議なことがある­ものだと思いました。

    科学常識は、今現在の観念の一部であり、絶対ではありません。1­00年後の科学ではまた違った見解が出てくると思います。

  •  

  • 私個人がいつも考えている事なのですが、それは医学とか脳機能学­の論理の流れと並んで、もう一つ別の因果関係が働いているのでは­ないかという事です。幻視は特定の状況下で起こるのだと思います­が、そうして幻を見る事になった理由、その状況に置かれる事にな­った理由が、医学的な観点からではなくて、所謂、霊的な話の中で­の因果関係に基づく理由として存在しているのではないか、と思い­ます。

 

  • 私もテレビでやってるような幽霊などは信じませんが、

    青山さんの体験は本当だと思います。

    青山さんのような素晴らしい方には、

    きっと英霊やご先祖の魂、守護霊が見守っていると信じています。­

     


タグ:硫黄島
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:動画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 【青山繁晴】さんを勝手に追いかけるあ~かいぶ。(β) All Rights Reserved.
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。